Cube
スマートエネルギーゲートウェイ

世界一小さい次世代エネルギーマネージメントシステム

Cube について

2017年、Cube が開発され、NextDrive が目指すエネルギーソリューションの起点となりました。

世界一小さい IoT ゲートウェイとして、Cube は HEMS 規格に対応、電力データの分析とエネルギーデバイスマネジメントを一つの装置に統合できます。

コンセントに挿すだけで、簡単に電力見える化、エネルギーデバイス制御やクラウドデータ統合分析などのサービスを実現、Cube は家庭、コミュニティ、地域のエネルギー管理の中枢となり、様々なシーンでスマートなエネルギー管理を実現します。

Cube 利用シーン

HEMS / IoT ゲートウェイ Cube は、電力データを管理して正確な分析を実現、様々なシーンで利用することができます。

Cube 接続フレ—ムワ—ク

Cube 製品特色

世界一小さいゲートウェイ

HEMS に対応するデバイスの中で、一番体積が小さい IoT ゲートウェイです。

技術の垂直統合

ソフトウェア、ファームウェア、ハードウェアとクラウド技術を統合した一気通貫のサービスを提供します。

複数の無線規格に対応

Wi-Sun、Wi-Fi 2.4G、5G と BLE などの無線通信規格に対応できます。  

モジュール化

API を提供、Cubeと
サードパーティー機器を容易に接続する事が可能です。

ECHONET Lite スマート制御

ECHONET Lite に対応、スマート家電とエネルギーデバイスを制御可能です。

遠隔操作・モニター機能

家にいなくてもアプリで Cube を遠隔操作、簡単に機器制御とデータ管理ができます。

周辺デバイス

周辺デバイス

製品仕様

  • サイズ   48mm x 48mm x43mm
  • 電源   100V-240V 50/60 Hz
  • 無線通信規格   AC(5G Hz) / Wi-SUN(ROHM 製 BP35c0) / ECHONET Lite / USB 2.0 / Bluetooth 4.2/ BLE / Wi-Fi b/g/n (2.4GHz)
  • USB 出力   5V、0.5A
  • 製品重量   80g
  • 組み込みメモリー   16GB
  • 対応する OS プラットフォーム   iOS 10/ Android 5 以上
  • データセキュリティ   Infineon OPTIGA™
  • 製品認証   TELEC、PSE、VCCI、ECHONET Lite、AIF