ECHONET Lite機器と接続する前の確認事項

  1. 接続機器はエコーネットライト認証を受け取っているかどうかご確認ください
    利用ゲートウェイは、HEMSの重点9機器(スマートメーターを含む)のエコーネットライトAIF認証を取得し、同じエコーネットライト通信規格をサポートする機器に接続することができます。
    モバイルアプリは現在太陽光発電、蓄電池、分電盤、燃料電池、電器温水器、EV充放電器、エアコンのセットアップ操作をサポートしています。
    お使いの機器がECHONET Lite規格に対応しているかをあらかじめご確認ください。機器付属の説明書等に対応状況の記載がない場合は、一般社団法人エコーネットコンソーシアムホームページ(https://echonet.jp/product/)で、お使いの機器の型式番号等から対応状況をご確認ください。

  2. お使いの機器が別のHEMS機器に接続していないかをご確認ください
    お使いの機器が別のHEMS機器に接続している場合は、利用予定のゲートウェイに接続できない恐れがあります(HEMS機器の併用はできません)。その場合は、別のHEMS機器のご利用を中止する必要があります。
    利用ゲートウェイと別のHEMS機器を併用した場合、お使いの機器やHEMS等に付随するサービスの動作に影響を与えてしまう可能性があります。HEMS機器のご利用を中止せずCubeを使用した場合、お客様が被った不利益に関して、弊社は一切の保証をいたしかねます。
    ※ お客様がお使いの機器、関連する機器類、また工事、施工状況、ネットワーク構成等の個別のお問い合わせに関しましては回答いたしかねます。あらかじめご了承ください。

  3. ネットワーク構成をご確認ください
    エコーネットライト機器はゲートウェイと同じネットワークに接続することで、当該機器に接続することができます(図を参照)。お使いの機器がどのようなネットワーク構成で設置されているのかをあらかじめご確認ください。また、メーカーや機種(モデル)によって、ネットワークとの接続は通常とは異なる方法で行なう必要があるかもしれませんので、接続する前に関連の説明書をご確認ください。
    • ゲートウェイ「Cube」を使い、ECHONET Lite設備に接続する場合
      Cube と ECHONET Lite 機器が同じ Wi-Fi(SSIP)を使い、インターネットに接続することをご確認ください。
    • ゲートウェイ「Atto」を使い、ECHONET Lite設備に接続する場合
      AttoはどのようにECHONET Lite 機器と接続しますか?」を参照し、設定してください。
接続機器を選択すると当該機器が接続しているネットの名称が表示されます
この情報は役に立ちましたか?
3.3 out of 5 stars
5 Stars 0%
4 Stars 0%
3 Stars 100%
2 Stars 0%
1 Stars 0%
改善すべき点があればお聞かせください。