EcoTrans
PV 専用データ収集ソリューション

「ポストFIT時代」に応えるエネルギーデータ収集ソリューション
すべての発電データと消費電力データを統合します。エネルギープロバイダーがユーザーの家にソーラーパネルを設置し、ユーザーへ太陽光発電設備の利用料金が直接請求さします。また、余剰電力を電力会社へ販売することもできます。

固定価格買取制度終了

日本政府の太陽光発電に関する補助金の大幅な削減により、土地取得のコストが増加し、これまでの太陽光発電の販売モデルの収益性が大幅に低下しました。これによって、電力会社や太陽光関連会社が次々と電力小売業者に業態転換し、全電力販売のみならず新しい電力ビジネスモデルが市場で勢力を拡大しようとしています。

ポストFIT時代、
新しいエネルギーソリューションを自主構築

全量買い取りに適応していた時代に発電データしか表示できなかった太陽エネルギー管理装置と比較して、EcoTransのデータ収集ソリューションは 、全ての発電および消費データを統合することができ、「サードパーティー権利所有モデル」が可能となります。新世代の電力小売、行動データ、サードパーティアプリケーションを組み合わせて、経済的、社会的利益の享受、スマートシティ開発の意義を持つ新しいソーラービジネスモデルを構築します。

ポストFIT時代、
新しいエネルギーソリューションを自主構築

全量買い取りに適応していた時代に発電データしか表示できなかった太陽エネルギー管理装置と比較して、EcoTransのデータ収集ソリューションは 、全ての発電および消費データを統合することができ、「サードパーティー権利所有モデル」が可能となります。新世代の電力小売、行動データ、サードパーティアプリケーションを組み合わせて、経済的、社会的利益の享受、スマートシティ開発の意義を持つ新しいソーラービジネスモデルを構築します。

Make Energy

Count

Different

Make Energy Count

Make Energy Different