地域エネルギー管理システム (CEMS)

このページで紹介している内容は、台湾におけるものです。

エネルギー調整力を導入し、電力効率の向上

NextDriveは電力使用の大口利用者、EPC、グリーンエネルギー事業者向けに、エネルギーコンサルテーションサービスや地域エネルギー管理システム(CEMS)、ソリューションをワンストップて提供しています。AIを活用したエネルギー管理システムにより、拠点の電力使用状況や実際の電力需要を簡単に把握することができ、電力使用量の最適化やエネルギー効率の向上を図ることができます。

グリーン電力の需要が高まる中、
関連する取引規制は徐々に明確に

各国の二酸化炭素排出量削減への取り組みから、アップルやグーグルのRE100への参加まで、世界の製造拠点のひとつである台湾にとって、グリーンエネルギーの開発は単なる持続可能性の話題ではなく、国全体の経済発展に欠かせないものです。将来、電気自動車や半導体製造の掌底的な拡大は、安定したエネルギー環境だけでなく、グリーンエネルギーの豊富な供給にも依存しています。2024年の電力小売全面自由化に向けて、台湾のグリーン電力の調達、取引規則が徐々に整備されていくことが期待されています。

電力使用量の高い企業への取引規制

【注:この規制は台湾国内で行われるものです】 契約容量が 5,000kW を超える企業の場合、2025年までにグリーンエネルギー利用比率を 10% に上げる必要があり、自己利用または購入しなければなりません。

サステイナブルな企業イメージ

国連の SDGs(持続可能な開発目標)に沿って、台湾セメント(TCC)や玉山金控(E.Sun FHC)などの大手企業は環境、社会、コーポレートガバナンス(企業統治)の持続可能な開発計画を策定し、記号の社会的責任を推進しています。

グリーンエネルギーサプライチェーンの一翼を担う

世界のハイテク企業が競って炭素排出量ゼロの目標を発表したり、アップルやマイクロソフトがクリーンエネルギーのサプライチェーンに取り組む中で、グリーン電力の利用はグローバル企業のサプライチェーン・マネジメントの重要な要素となっています。

アンシラリーサービスとエネルギー取引プラットフォームへの参加

当社のエネルギーコンサルタントによる専門的な評価を通じて、将来的にアンシラリーサービスや電力取引プラットフォームに参加するための最適なソリューションを提供します。

 *大口の電力利用者には適用されません。

CEMSソリューションを提供

ワンストップですべてのエネルギー・サービスを

2024年に台湾の電力取引プラットフォームが正式に開始しすると、電力調整が当たり前になります。NextDrive はお客様のニーズや目標に合わせて、エネルギー分野の専門家として最適なソリューションをご提案します。NextDrive のスマートのエネルギー管理システムは、優れたユーザーエクスペリエンスの基盤となるだけではなく、地域のグリーンエネルギーの発電と消費のデータを統合、電力需給バランスやデマンドディスパッチを用意に実現します。

エネルギー分野専門コンサルティング

お客様のビジネスニーズ、現場の特性、オペレーターの経歴などをもとに、NextDriveは最適なエネルギー管理サービスとシステムプラットフォームをご提案します。

NextDrive エネルギーゲートウェイ

精密なコンピューティング機能を備えたエネルギーゲートウェイは、複数のデバイスと接続することが可能であり、大容量のストレージスペースが、システムに安定したアジャイルななコンピューティング環境を提供します。

エネルギー管理システム Web ページ

カスタマイズされたシステムのWebページは、エネルギーデータの可視化と制御のためのインターフェイスを提供し、パソコンやモバイル機器からいつでもエネルギーの使用状況を把握することができます。

AI 調整力

カスタマイズされたシステムでは、クリックするだけでAIアルゴリズムがサイトの特性や電力消費規模に応じて蓄電や消費効率を最適化します。

スマートなエネルギー管理システムで、

この瞬間から未来を見る

AI技術を活用したエネルギー管理システムはサイトのエネルギー資源の「調整力」を強化します。IoE(エネルギーとインターネットの融合)技術を通じて、太陽光発電システム、蓄電池、充電ステーションなどのエネルギーデバイスを統合し、電力の需要と供給を体系的に把握することができます。また、同時にデータコンピューティングにより、各期時間帯の電力需要を予測してサイト内の機器や電気製品を自動的に制御します。

エネルギーデータ可視化

電力使用量、発電量、蓄電量などのデータが簡潔でわかりやすくまとめられているので、エネルギーに管理の知識がなくてもサイト内におけるエネルギーの流れを素早く把握することができます。

AI スマートコントロール

この AI 技術は、電力需要の規模と予想される結果に基づき、蓄電池の放電を自動的に調整し、サイト内の電力消費量が高い家電や機器の使用をスケジュールします。

需要予測と警告

AI機械学習のサポートにより、様々な拠点の電力使用量、発電量、蓄電量などのデータを分析することで、エネルギー負荷曲線を予測することができます。

契約容量の最適化

電力使用量、発電量と蓄電量のローリングデータを収集することで、正確で実現可能な契約容量の最適化を提供します。

事前にアンシラリーサービスに参加し、電力取引の機会を得る

将来、CEMSの利用者はNextDriveの「リソースアグリゲーター(RA)プラットフォーム」に参加し、電力調達市場に参入することができます。このプラットフォームは、参加者の電力消費、発電や蓄電データを統合することで、地域間の電力調達を実現するとともに、各拠点の発電および蓄電リソースを統合します。その結果、都市レベルの仮想発電所が形成され、参加者が、アンシラリーサービスやエネルギー取引プラットフォームにアクセスするための十分なリソースを得ることができます。