HEMS/IoT/IoEゲートウェイ「Atto」がModbus RTUとModbus TCP/IPを標準サポート

プレスリリース
報道関係者各位

2021年12月17日
NextDrive株式会社

エネルギー管理とクラウドサービスの開発・提供に取り組むNextDrive株式会社(東京都港区西麻布3-19-22/代表取締役:石 聖弘/以下「NextDrive」)は、HEMS/IoT/IoEゲートウェイ「Atto」がModbus RTU通信とModbus TCP/IP通信の標準サポートを開始したことをお知らせいたします。

NextDrive Atto

■Attoについて
Attoは、エネルギー設備、家電機器などのデータ取得、可視化、コントロールを手軽に実現するために設計された、IoTゲートウェイです。
幅広い通信規格をサポートしているのが特徴で、有線ではRS-485、USB Type A、無線ではWi-Fi(802.11 a/b/g/n/ac)、Bluetooth Low Energy(BLE) 4.2、4G LTEに対応しています。
特に4G LTEについてはモジュールを本体に内蔵していて、Wi-Fiの電波が届かないような場所でもクラウドとデータ送受信できることが高く評価されています。

■Modbus対応について
AttoがModbusに対応し、さらなるコネクティビティを手に入れました。
Modbusとは、米Modicon社が同社製品向けに策定した通信プロトコルです。
仕様が公開され、産業分野のデファクトスタンダードとして広く採用されています。

AttoがModbusをサポートしたことにより、同プロトコルに対応している機器であれば、短期間でIoEプラットフォームを通じた利用ができるようになります。
RS-485やEthernetを介してIoEプラットフォームのエンドツーエンドのサービスを利用でき、モバイルアプリを通じて手軽にセットアップ、Web APIを利用したデータ取得が可能です。

第1弾としてオムロン株式会社の小型電力量モニタ「KM-N1」のサポートを開始いたしました。
※弊社が独自で検証したものです。お問い合わせはNextDriveまでお願いいたします。

◎KM-N1
https://www.fa.omron.co.jp/products/family/3413/lineup.html

NextDriveはこれからもお客様のエネルギーデータ活用のアイディアを最短で実現できるプラットフォームとして、コネクティビティの拡張に引き続き取り組んで参ります。

■Atto詳細
洗練されたデザインと安定したネットワーク通信が特徴で、センサー・カメラなどのデバイスと併用すると、スマートフォンで気軽に電力可視化と家電の遠隔操作などが可能となります。
「エコーネットコンソーシアム」が制定し、経済産業省が推進している国際通信プロトコルECHONET LiteのAIF認証(Application InterFace認証)を取得しています。
また、優れたデザインに贈られるグッドデザイン賞を受賞しています(2020年度)。

Atto 分解図

サイズ:122mm × 122mm × 38.6mm(壁掛けを含む)
電源:AC 100〜240V 50/60Hz
CPU:Quad-core Cortex-A7
無線通信規格:Wi-Fi (802.11 a/b/g/n/ac) / Bluetooth Low Energy (BLE) 4.2 / Wi-SUN (Rohm BP35C0) / 4G LTE
SIMカード:nano SIM内蔵




Atto接続端子部。左からRS-485、USB Type A × 2、ACアダプタ接続端子

https://www.nextdrive.io/jp/atto-data-gateway/

■NextDriveについて
IoE(Internet of Energy:エネルギーとインターネットの融合)、IoT、HEMSを活用したエネルギー管理とクラウドサービスを開発・提供する、エネルギーデータ プラットフォーム企業です。IoTとソフトウェア・ハードウェア技術を統合し、電力会社をはじめとするエネルギー関連企業にワンストップでエネルギーデータ プラットフォームサービスを提供しています。

公式Webサイト
https://www.nextdrive.io

■本リリースに関するお問い合わせ
NextDrive株式会社 大石(おおいし)
電話番号:03-6432-9616
E-mail:contact@nextdrive.io

■プレスリリース ダウンロード

プレスリリース ファイル(PDF)